LINEの活用の幅

2月3日

新型コロナウイルスの感染者が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」は

横浜港に到着しましたが

感染の拡大を抑制するため、乗客全員が約1ヶ月もの間、自室での待機となりました。

 

その間に活用されたのがスマートフォンアプリのLINEでした。

厚生労働省のページにも

ダイヤモンド・プリンセス号の乗客・乗員に対するスマートフォン及びアプリの提供について

というタイトルで公表されています。

 

具体的には

LINEとソフトバンクの協力により、

2月14日に2000台のスマートフォンが配布され

LINEアプリを通じて

心理カウンセラーや医師へのオンライン相談が可能になりました。

乗客の中には高齢でスマホを持っていなかった方も多く

有効活用されたとのことです。

 

さらにLINEは

厚生労働省と情報提供に関する協定を結び

オンラインによる「新型コロナ対策のための全国調査」も実施しています。

ラインからアンケートが届き、回答された方も多いかと思います。

 

その他にも

千葉県市川市や東京都渋谷区では

LINEから住民票の申請ができる仕組みが活用されています。

 

スマートフォンの活用は

普段使いだけでなく、緊急時にも有効活用され

行政サービスも、オンラインが活用され始めています。

 

まだスマホをお持ちでない方は

今からでも活用を検討してみてください。

 

弊社でサポートも行っています。

シニア向けパソコン・スマホのサポートサービス

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。