シニアのスマホ活用

NTTドコモ モバイル社会研究所では

2021年1月に

スマートフォン(スマホ)・フィーチャフォン(ケータイ)

所有に関する動向について調査を実施し

結果を公表しています。

モバイル社会研究所

 

60代のスマホ所有率は8割に達し

70代も6割を超えた

とのことです。

 

さらに

SNSの利用状況調査も行っており

ラインの利用率は

60代で74.3%

70代でも62.9%

と高い利用率になっています。

 

また、その他のSNSも

ラインほどの利用率はないものの

Facebookやツイッター、インスタグラム、TikTokまで

利用している人もいるようです。

 

 

新型コロナの影響もあり

社会のオンライン化が進み

生活に必要となる行政手続きも

オンラインで対応するケースが増えてきています。

最近では、コロナワクチン接種も

スマホやパソコンからの予約受付が行われていました。

 

高齢者もスマホなどのオンライン機器を

積極的に活用することで

生活をより便利にすることができます。

 

まだスマホを使うのに苦手意識があったり

使い始めたばかりという方には

ご家族や知人の方から連絡をとる際に

あえてSNSを使って連絡を取ってみるのも

良いかもしれません。

 

自分から操作することは少なくても

周囲から活用をうながされて

いつの間にか使えるようになっていた

となると良いですね。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

次の記事

介護保険証の更新申請