マゴ写レター

10月19日で受付は終了してしまったものになりますが

日本郵便が

孫世代と祖父母世代を繋ぐ新しいコミュニケーションツールとして

『マゴ写レター』というサービスを実施していました。

マゴ写レター

 

孫世代はスマホから

自分の写真とメッセージを添えて申し込むと

11月05日『いいまご』の日に祖父母世代のもとへ往復はがきが届きます。

受け取った祖父母世代は写真を手元にとっておいて

返信用はがきにメッセージを書いて返信する。

という交流を促すイベントになっています。

 

しばらく会えていない、話もできていない

孫と祖父母間の交流のきっかけ作りとして

また、手紙を「読む・書く・ポストに届ける」ことが

祖父母世代の認知症予防にもなるとして実施されています。

 

年賀状のやりとりすら少なくなってきている現代

往復はがきは、その存在すら知らない世代もいるのかもしれません。

 

そんな中

若者はスマホを使って対応し

高齢者はアナログな方法で対応する。

デジタルとアナログを融合させたサービスは

世代間交流を促すうえで、面白い取組みのように感じます。

 

日本郵便の取組み以外にも

デジタルとアナログの融合で

世代間交流を促せるようなサービスがあると

面白そうです。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

社会的孤立という問題

次の記事

孤立させない社会