ワクチン4回目接種の実施状況

新型コロナワクチンの

4回目の接種がはじまっているようです。

追加接種(4回目接種)についてのお知らせ(厚労省)

新型コロナワクチンについて(首相官邸)

4回目接種について

<接種期間>

令和4年5月25日から令和4年9月30日までの予定

<対象者>

①60歳以上の方
②18歳以上で、基礎疾患がある方や重症化リスクが高いと医師が認める方

となっています。

 

4回目接種については

対象者を絞って実施することとなっています。

 

3回目接種をした方が

6月17日時点で

高齢者では89.6%と高い接種率になっていますが

全体では60.8%という接種率になっており

3回目接種まで実施していない人も

相当数いることが分かります。

 

そんな中でも

なぜ4回目接種が必要か?

などの疑問について

新型コロナワクチンQ&Aのサイトに解説があります。

参考資料なども確認できますので

チェックしてみてください。

新型コロナワクチンQ&A(厚労省)

 

 

また

追加接種用の接種券の発行申請ができる

専用サイトが開設されていました。

⇒ 追加接種(3回目・4回目接種)用の接種券発行申請(コロナワクチンナビ)

 

接種券発行時期になっても3回目、4回目接種用の接種券が届かない場合や

2回目、3回目の接種後に転居し住民票を移した方や海外で接種した方

などが活用できるようです。

 

 

4回目接種については

したほうが良いのか?しなくても良いのか?

検討中の方もいるかと思います。

 

厚労省のサイトでは

4回目接種についての詳細な情報が確認できますので

チェックしていただければと思います。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。