介護保険最新情報vol.1104

令和4年10月7日

厚生労働省より

「介護現場における文書負担軽減等に向けた取組の周知について」

という通知が出されました。

介護保険最新情報vol.1104(厚労省)

介護現場における文書負担軽減等については

これまで専門委員会等でも

検討中の内容など示されていましたが

 

最新情報として

改めて周知されました。

 

これまで

① 指定申請関連文書 (人員・設備基準に該当することを確認する文書等)
② 報酬請求関連文書 (加算取得の要件に該当することを確認する文書等)
③ 指導監査関連文書 (指導監査にあたり提出を求められる文書等)

における負担軽減等ということで

具体的に示されていた内容が

 

厚生労働省のページから

実際に標準化された様式を確認でき

「介護分野の行政手続に関する簡素化・利便性向上に係る要望受付フォーム」からは

事業所からの要望を伝えることもできるようになっています。

 

ただし

指定申請等のウェブ入力・電子申請は第1期(令和4年度下期)、第2期(令和5年度上期)、第3期(令和5年度下期)に分けて運用を開始し、利用可能な自治体数を順次拡大していきます。

とあり

 

実際の運用は

まだまだこれからという様子です。

 

これからさらに改善され

より使いやすいシステムになるよう

期待したいですね。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

前の記事

自治体と介護認定