正しい消毒液の使い方

10月22日のテレビ東京の番組

「カンブリア宮殿」では

消毒液を扱うサラヤ株式会社の社長

更家悠介さんをゲストに迎えての放送でした。

カンブリア宮殿

サラヤ株式会社

 

新型コロナウイルスの影響を受けて

消毒液の需要は拡大する中

サラヤでは、その品質にもこだわっているとのことです。

 

接客業にたずさわる方などは特に

繰り返し手を消毒する必要があり

手荒れなどの悩みもあるようです。

 

サラヤの消毒液は

独自に保湿成分を配合することで

何度使っても手荒れしにくい

高品質な消毒液を作り出しているとのことです。

 

これから寒くなる時期

手荒れしにくい消毒液は必需品になりそうです。

 

また、サラヤのホームページには

「プロフェッショナル手洗い」という

情報サイトがあり

消毒液の使い方についての情報があります。

 

おそらく、消毒液を使うときに

手のひらに消毒液をかけて使う人が多いかと思いますが

細菌は、指先や爪の下部分に多く存在しているため

指先を曲げ、爪に消毒液がかかるようにするのが

正しい方法のようです。

プロフェッショナル手洗い

 

どれだけ感染症対策をしているつもりでも

正しい方法でないと

効果が薄い場合があります。

 

手指消毒の方法に限らず

衛生管理、換気の方法、マスクの着用

健康管理全般について

正しい情報をもとに

しっかり対策していきたいですね。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。