第196回社会保障審議会介護給付費分科会

12月9日

第196回社会保障審議会介護給付費分科会が開催され

令和3年度介護報酬改定に向けた議論が進められています。

第196回社会保障審議会介護給付費分科会

 

今回の資料の中には

運営基準の改定に関して

全体の概要をまとめられた資料が掲載されていました。

【資料7】令和3年度介護報酬改定に関する審議報告(案)の概要(PDF資料)

 

また

【資料4】【資料8】

の中では、サービスの種類ごとに具体的な内容が記載されていますので

併せて確認してみてください。

 

実際の報酬単価や加算内容、要件については

まだ詳しくされていませんが

運営基準の方針については具体的に示されていることも多くあります。

 

事業所内の研修やマニュアルの整備、地域連携の強化

外部研修(認知症介護基礎研修)受講の準備

看取り対応の検討や医療と介護、事業所間連携の強化

ICT機器の活用促進

などなど

 

今後に向けて

今からでも準備できることがありそうです。

 

ぜひ、今回の全体概要に関わる資料の中で

それぞれの実施するサービスに関する部分は

一通り目を通していただき

確認してみてください。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。