住宅改修の支援事業

介護が必要な方の住まいにおいて

住宅改修工事が必要になった場合

住宅改修費の7割~9割が、20万円を上限として支給されます。

とう内容のブログを以前にも記載させていただきました。

介護の住宅改修工事で損をしないために

 

その際ご紹介させていただいたのは

介護保険制度を活用した事業になります。

 

今回は、介護保険制度以外に

東京都が独自に支援している住宅改修事業について

ご紹介します。

住宅改修事業

住宅改修手引書(PDF資料)

 

まだ介護認定を受けていない方に対しても

上限20万円の住宅改修費の支援があります。

それだけでなく

浴槽、洗面台、便器などの改修工事に対しても

別途支援が受けられる内容となっています。

 

さらに、市区町村ごとで独自支援事業等もあります。

詳しくは、各自治体のホームページを確認してみてください。

東京都内の支援は、かなり手厚くなっているようです。

 

 

ただし、ご注意いただきたいのは

住宅改修により、不自由がなくなりすぎて、

運動量が減って身体機能が低下してしまったり

認知症の方にとっては、変化が多すぎると

今までできていたことが、できなくなってしまうなどの状況も考えられます。

 

住宅改修の際には、

地域包括支援センター、ケアマネジャーなのどの介護の専門家

周囲の家族にも相談したうえで

実施いただけると良いかと思います。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2015年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店様への開業研修、運営支援業務に携わる。