高齢者施設での面会

新型コロナ対策で大阪府は、大型連休は人の移動が活発になることが予想され、感染防止に引き続き取り組む必要があるとして、今月24日までの集中警戒期間が終了したあとも、会食時の人数制限を継続する方針を固めました。
一方、高齢者施設での面会については、対策を徹底すれば認める方針です。

大阪府 会食時の人数制限継続 高齢者施設での面会認める方針(NHKニュース)

 

高齢者施設での面会については

自粛の長期化による家族の負担などに考慮し

感染防止対策を徹底すれば認める方針

とのこと

 

厚生労働省からも

高齢者施設での面会については

通知が出されています。

社会福祉施設等における面会等の実施にあたっての留意点について(pdf資料)

 

令和3年11月に通知されている内容になりますが

面会についての通知は

現時点での最新の情報になるかと思います。

 

資料には

面会については、感染経路の遮断という観点と、つながりや交流が心身の健康に与える影響という観点から、地域における発生状況等も踏まえ、可能な限り安全に実施できる方法を検討すること。

という一文があり

 

具体的な面会の実施方法

面会を実施する場合の感染防止対策

外出についての内容なども

記載されています。

 

それまでは制限されていた部分が

緩和される内容となっていました。

 

ただし

その後のオミクロン株の影響などで

自治体ごとに面会制限の通知が

出されている地域もあります。

 

一方で

面会ができないことによる

高齢者の健康状態の影響についても懸念されています。

 

そろそろ

しっかりと感染対策を行ったうえでの面会は

広く認められるようになってほしいところです。

 

 

投稿者プロフィール

武藤 至正
武藤 至正
2005年、介護ベンチャー企業に入社。グループホームの開業準備、行政への指定申請、入居相談、運営管理業務に携わる。2010年には、介護複合施設の開業準備から運営管理までを経験。その後、有料老人ホーム、デイサービスの管理者として現場経験を重ね、2012年からはデイサービスのフランチャイズ本部にて、フランチャイズ加盟店に対しての開業研修、運営支援業務に携わる。

次の記事

ワクチン4回目接種